コントラクトMR

製薬会社へ転職するMRは未経験だとなかなか難しいものとなっています。

 

製薬会社のMRの求人内容ではMR認定資格を持っていることが条件だったりするのです。

 

未経験ならば、MRの認定資格も持っておらず、製薬会社への転職条件が欠けてしまうことになりえるからです。

 

MRは一定の研修を受けて、実際の仕事を一定期間行わないとMRの認定をもらえないようですから、一度どこかにMRの認定を受けるために働く必要があるわけです。

 

そこで派遣型のMRを利用することがあります。

 

コントラクトMRといい、形態としてはコントラクト会社に登録をし、製薬会社がコントラクト会社と契約して派遣されます。

 

いわゆるMRの派遣会社に登録するわけですね。

 

製薬会社は新薬が開発された時に大量のMRを雇いますから、その派遣期間を利用してMRの認定試験を受けることができ、認定資格を得るようにしているコントラクト会社もありますから、未経験でも研修を行い、MRになる機会があるのです。

 

製薬会社としては一時的な雇用のコントラクトMRであっても、信頼できるMRならば引き抜きを行うこともありますし、そのまま転職してしまうこともあるのです。

製薬会社にMR派遣として働く

製薬会社にいきなり転職しようとする未経験の方もいるかと思いますが、コントラクトMRとして様々な製薬会社に派遣されてみて、製薬会社を比較しながら、製薬会社の内情を勉強してから転職するのもありかと思います。

 

製薬会社の転職はまっすぐにすすむだけでなく、回り道をしながらも転職を成功させる方法があるということです。

 

CSO(Contract Sales Organization)と呼ばれる企業に所属するMRを一般にコントラクトMRと呼びます。

 

MRとしての未経験者が、MRへの転職を希望するのであれば、まずはCOSに所属するという形から始めた方が良いですね。

 

クライアントの製薬会社に派遣スタッフとして働き、スキルを磨いていくのも一つの方法です。

 

また、女性の場合結婚によりMRの職から離れてしまった時など、コントラクトMRとして復帰する方法の一つでもあり、MR未経験者が採用される可能性もあります。

 

派遣期間は2年で、勤務先も変わる場合があります。

 

ですので、同じメーカーをずっと扱うとゆう事はなくなります。

 

常に、自社製品を扱うMRとは違い、複数の製薬会社に派遣されることにより扱うメーカーも異なってきまので、製品についての勉強もまた必要となります。

 

そのため、多くの知識や経験を身につけることができます。

 

また、MRは営業職という事もありますので、コミュニケーション能力も大切です。


更新履歴


このページの先頭へ戻る